勃起障害の原因と治療

前立腺癌等の術後の勃起障害と対策としてのED治療薬

勃起障害とは分かりやすく喩えれば、下半身が動脈硬化を起こしている状態です。
人の身体は常に血液が循環しています。心臓がポンプの役割を担い、血液は川の流れのように常に動き続けているのです。
下半身が冷えやすい方、普段から運動不足の方などは下半身への血液供給が滞りやすい体質です。

勃起障害と冷え性、運動不足とは一定の因果関係があり、血液の循環が悪くなれば、病歴や年齢、個人の体力などに関わらず、誰でも発症する問題になります。
また神経や血管が病気によって損傷した場合も勃起障害が発生します。
全体から見ればレアな事例ですが、前立腺癌や膀胱癌、直腸癌のオペを受けた後は、体の機能が治療によって著しく傷ついており、ペニスの勃起力は低下します。

ただ、一般的な加齢由来の勃起障害であれば、ED治療薬で対策出来ます。
ED治療薬は長年日本人からすれば、手に入らない希少性の高い製品でした。
しかし、今ではED対策の医薬品として身近な医院で処方されていたり、インターネット上の専門サイトに掲載されています。

ED対策以外に、ED治療薬は生活改善薬としてセックスレスや不妊、性生活の不具合に悩む夫婦に処方される事があります。

勃起障害は民間療法では治りにくい問題です。
亜鉛のサプリメントやマッサージ、気功術、自己啓発本によるセルフカウンセリング等、様々な対策法がありますが、結果に個人差が大きいのが難点になります。
対してED治療薬であれば、服用者の多くが効果を実感しており、長年悩んでいた中折れを無事克服し、楽しい性生活を復活させられます。

セックスレスの夫婦は離婚率が、普通の男女に比べて跳ね上がります。
勃起障害はセックスレスの主要因であり、ED治療薬を飲め、再び愛を育めば、夫婦円満な時代が再び取り戻せるでしょう。

ページの先頭へ戻る