勃起障害の原因と治療

勃起障害と抜け毛増加は動脈硬化によりリスクを高める

動脈硬化の状態は、血流を悪くしています。
動脈硬化は脂質異常症、糖尿病、高血圧などと併発していることが多く、生活習慣病の中でも目に見えないという恐怖があります。
血管疾患は血管内部で生じていることなので、肥満のように見て確認することができません。
定期的に医療機関で健康診断や人間ドックを受けないとわからないのです。

動脈硬化が進行すると、勃起障害や抜け毛も促します。
血流が悪くなることは、細胞に酸素や栄養を届ける機能が低下することを意味します。
酸素が不十分になった細胞は元気を失い、老化を促進してしまいます。
不規則な生活を続けると老化が早く進行するという話は本当なのです。

勃起障害はストレスから生じることが多いですが、根本的な要因は血行不良にあります。
ペニスを力強く抑えつけていると、硬くなりにくいでしょう。
圧迫することで血行障害が起こり、陰茎海綿体に十分な血液が送られないためです。
血流がサラサラの方ほど、勃起障害になりにくいのです。
セックスに支障が出るほど勃起力が低下するのは、一般的に50代以降になってからです。
それ以前の年代でセックスの成功率が極めて低いようなら、動脈硬化や血行障害がかなり進んでいる可能性が高いです。

動脈硬化は抜け毛を促進させますが、これも血行不良による酸素・栄養の供給阻害にあります。
髪の毛を成長させるためには、頭皮に多くの栄養を送り届ける必要があります。
そのためには、何よりも血行を促進しないといけません。
薄毛の前兆として抜け毛の増加があるため、以前より抜け毛が多いと感じたら血流が悪くなっている可能性があります。
健康診断や人間ドックの数値を参考にして、生活習慣を改善していきましょう。

ページの先頭へ戻る