勃起障害の原因と治療

勃起障害のセルフチェックと克服する方法

勃起障害をセルフチェックするには、次の項目を参考にします。
最近6ヶ月で「勃起を維持する自信の程度」「性的刺激を受けた際、何回挿入可能な硬さになったか」「挿入後、何回勃起を維持できたか」「性交終了まで勃起を維持するのはどれくらい困難だったか」「性交を試みたときに何回満足できたか」の5項目です。
これを5段階のレベルでチェックして、点数が低いと勃起障害のリスクが高いことになります。
ただし、このセルフチェックの項目はあくまで基準であり、経験なしの人だと点数がかなり低くなってしまうので、全ての人に対して使えるセルフチェックとは言えません。
気になっているけれども、医療機関を受診するかどうか迷っているという人が使ってみて、マイナス面で自分に当てはまる症状が多ければ受診を検討してみましょう。
勃起障害の克服は、血流を改善させることが重要です。
日常的なストレスや、性行為中の焦り、過去のトラウマなどの心理的なことが原因になっていることもありますが、ほとんどは身体的に問題があります。
一番多いのは、動脈硬化です。血管が硬くなってしなやかさを失い、血液が流れにくくなっている状態です。加齢に伴って動脈硬化は誰にでも起きますが、若い人でも生活習慣の乱れによって動脈硬化を発症するケースもあります。
克服の方法としては、治療薬を使うのが最も一般的な治療法です。
心に問題がある場合には、治療薬を処方して勃起しやすくなるようにして自信を回復させたり、カウンセリングで心の状態を回復させていくことも必要です。
克服のためには、なによりもパートナーの理解が大切です。正直に話すのは恥ずかしいかもそれませんが、一緒に克服していきたいということをちゃんと伝えておきましょう。

ページの先頭へ戻る