勃起障害の原因と治療

日本で認可されている勃起障害の治療薬と併用禁忌薬

日本では現在3種類の勃起障害の治療薬が認可されています。
まだドラッグストアなどでは販売されておらず、病院で処方してもらうか海外医薬品の個人輸入を利用して入手する事になりますが、服用する事によって一定の効果が期待出来る物となっています。
また1日に1回、さらに常用する必要がない薬なので依存性も低いという点から多くの人に支持されていると言っても良いでしょう。

しかし元々勃起障害の薬は狭心症の治療薬として開発されました。
ただその開発途中で狭心症ではなく勃起障害に効果があるという事が分かり、今に至っています。
ちなみに、日本国内でも勃起障害治療薬の併用禁忌薬と言うのがあり、それを服用している人がその治療薬を服用する事はとても危険な事です。
もし勃起障害で悩んでいる人の中で狭心症の薬を飲んでいる人がいたら、自己判断で服用してしまうのではなく必ず医師に相談する必要があります。
勝手に服用してしまうと時には急激な血圧低下が起きてしまってとても危険な状態になる場合もあるので、自己判断で服用してしまう事はとても危険です。
したがって、既に併用禁忌薬を利用しているというのが分かっている場合は、必ず病院で相談してからの服用としましょう。

現在日本では3種類の勃起障害治療薬が認可されていますが、安全に服用する為には医療機関に相談してからの服用する方が良いでしょう。
その方が不安な点も解消する事が出来るので、安心して利用する事が出来ます。
また狭心症などの人の中でも併用禁忌薬を利用していない場合もあります。
ただやはり薬を安易に利用してしまうのはとても危険な事なので、自分の体を守る為にも勃起障害治療薬を服用する場合は病院に一度相談して、本当に服用しても良いかを確認してから利用する方が安全です。

ページの先頭へ戻る