勃起障害の原因と治療

朝の勃起は勃起障害のリスク判定に、新薬で性生活改善

朝立ちは性機能の健康を調べるのに便利なサインです。毎日元気に朝立ちする男性は、勃起障害とは無縁です。
生理現象の一つですが、無意識の状態でも血液がきちんとペニスまで細かく流れこむ事が実際に証明されますので、毎朝パンツにテントが出来ていれば、当面勃起障害の心配はないと判断出来ます。
思春期の頃から朝立ちは見られる現象であり、性機能が安定している限り、男性は高齢になっても下着にテントを作れます。

近頃、朝立ちした覚えがまるでない、という男性陣は少し勃起障害の危険があるかもしれません。
朝立ちは生理現象であり、本番であるセックス時に普通に勃起出来れば問題は無いでしょう。
ただ肥満や動脈硬化などの肉体的要因によって無意識的な勃起が妨げられていると、朝立ちが出来ない下半身となり、将来的に勃起障害になってしまいます。

セックスしたい気持ちがあり、愛する女性を前にしてもペニスがきちんと勃起出来ない場合は、既に勃起障害になっている危険度が高いです。
勃起出来ない日々が続ければ、性生活が自然と無くなり、夫婦仲も冷え込んでしまいます。

ただ、必要以上に心配する必要はありません。
バイアグラやレビトラ、シアリスなどの新薬を受け取り、性生活の直前に使用すれば、元気だった頃のように勃起が普通に進められます。

新薬は3個ありますが、バイアグラとレビトラの2個はスピードタイプで、シアリスはスタミナタイプとなります。
同じ新薬でも薬効が違いますので、適当に選ぶのではなく、勃起のスピードとスタミナのどちらを取るか、よく夫婦で話し合いましょう。

シアリスはいつでも飲める新薬であり、食事に耐性があり、副作用の内容も大人しいです。
更に効果が1.日以上継続する等、初心者に合う仕様を持っていますので、全くどれが良いか分からないという方に推奨されています。

ページの先頭へ戻る