勃起障害の原因と治療

勃起障害の原因を探ろう

勃起障害の原因と言うのはいくつも存在しています。大まかには心因性と器質性のふたつに分類することができます。
勃起障害と思しき症状が出てきた場合、まずは自分がどちらのタイプに該当するのかを明らかにすることは、ある程度は可能です。
たとえば日常の中で考えるだけでも心がふさぎ込んでしまうようなストレスや悩み事がある、あるいは性的なことに対して強い嫌悪感、また忘れることができないくらいのトラウマがあると言う場合は、心因性である可能性が高いです。
この場合、勃起のスタートとも言える性的刺激をじゅうぶんに感じること、またそれに対する興味や興奮を持つことが難しいため、勃起障害が発生してしまうことが考えられます。
またそれらを感じることができても、脳が疲れているとそれをうまく受け取ることが難しくなってしまいます。
よって強い肉体疲労がある場合も、これに該当します。またパートナーに対しての気持ちの変化や、性交渉の末に子供を授かることへの気持ちなども心因性に該当することが考えられます。
次に脳疾患によって脳機能にダメージが残っている、糖尿病で神経系に支障が発生している、脊髄付近をケガしたことがあると言う場合です。
この場合は、器質性である可能性が高くあります。それらによって、性的刺激が陰茎に上手に伝わらないために勃起障害が発生すると言うわけです。
また降圧剤や抗うつ薬などを服用している場合も、神経系にその作用が及ぶこともあるため、勃起障害が出てくることもあります。
そして器質性には、陰茎海綿体の動脈への血流不足を発生させる要因として、高血圧や動脈硬化、高脂血症なども挙げられます。
これらの病気にはかかっていないけれど、明らかに食生活を含めた生活習慣が乱れている、そして長年にわたり過度の飲酒、喫煙習慣があると言う人は、それが原因となっていることも考えられます。
■勃起不全の医薬品リスト
ED
■長い勃起促進・維持効果
タダリスを通販で購入するには
■有名なあのバイアグラの成分とは
シルデナフィル
■勃起障害以外の効果が期待できる
フォルカンは服用後24時間以内に効果を発揮

ページの先頭へ戻る